代表理事 挨拶
ご挨拶

 今や、乳がんは女性のがん罹患第一位であり、女性の10人に1人が生涯のうちに乳がんに罹る時代に入りつつあります。しかしながら、宮崎県は乳がん検診の普及の割には、専門診療を行う医療機関がまだまだ少ないのが現状です。このことは宮崎県の皆さまにとって、極めて不利な状況と考えられます。乳がん罹患は40代から60代の方に最も多く、職場において責任ある立場の女性や一家を支える主婦を突然襲うという、深刻な疾病のひとつです。

 正しい乳がんの知識や詳しい情報を、県民の皆様も、医療機関の方々も、等しく持つことによって、乳がん患者様が心も体も健康な毎日をすぐに取り戻すことがとても大切と考えます。そこで、乳がんの予防や診断に関すること、治療に関すること、乳がんとの付き合い方など様々な情報を集約、整理し、皆さまが有効にその情報を活用できるネットワークを構築し、「乳がん恐るるに足らず」の宮崎県を実現させたいと思います。

一般社団法人 乳がん情報ネットワークみやざき 代表理事 
駒木 幹正 
2017年4月1日 




設立の経緯 沿革 運営組織 加盟病院