妊孕性保持支援ネットワーク
妊孕性保持支援
 以前、若くして乳がんにかかられた女性の方々は、乳がんを理由に妊娠をあきらめなくてはならない時代もありましたが、最近では、医療技術の進歩によって制限付きながら、がん治療後の妊孕性(にんようせい:妊娠や出産のしやすさ)を温存するための治療法も数多く試みられる時代になってきています。生殖補助技術の進歩による精子や卵子、受精卵の凍結保存などは広く普及するに至っています。

卵巣は、抗がん剤などがん細胞にダメージを与える治療に対して機能が低下しやすい臓器で、がん治療の副作用によって、妊孕性を失い、将来子どもを授かることが難しくなる可能性があります。子どもの妊娠や出産を希望されるがん患者さんにとっては心配される問題の一つです。

【卵子・受精卵凍結保存】
 排卵誘発および経腟的なモニタリングが必要
 (受精卵をつくるためには相手の男性の精子が必要となります)

【未熟卵採取・体外培養後の凍結】
 現時点は研究レベル

【卵巣組織凍結保存】
 手術が必要で凍結保存に関して、現時点は研究レベル
 2つある卵巣の一つを摘出し、凍結後がん治療を終えた患者に移植します。
 摘出していない卵巣は自然妊娠の可能性もあります。
(現在、幾つかの施設にて臨床試験が行われております)

 くわしくは、日本がん・生殖医療学会のホームページを御覧ください。
 
 http://j-sfp.org/index.html


 凍結保存すれば必ず妊娠できるわけではありません。しかし年齢等や治療の種類により変わりますが、乳がんだからといって妊娠・出産をあきらめる必要はありません。ぜひ担当医と可能性についてご相談下さい。


妊孕性保持支援のネットワーク構築
 宮崎県内で「がんと生殖医療」における地域完結型のネットワークの構築する。がん治療医と生殖医療医が連携し、妊娠を希望する患者が安心して妊孕性温存とがん治療を受けることができる地域を実現したいと考えています。

乳がんの治療及び妊孕性保持支援(凍結保存)イメージと流れ
  乳がん情報ネットワークみやざきは、患者様のQOL向上を支援致します。

 (ネットワークイメージ)
ネットワークイメージ



 (乳がんの治療と妊孕性保持支援の流れ)
治療及び凍結保存の流れ


相談の具体例
 □妊娠・出産可能か知りたい
 □妊娠・出産を希望で、がん治療開始前に何をすればいいかわからない
 □ がん生殖医療の専門家に相談したいがどこにあるかわからない



乳がん診療施設から生殖医療施設への紹介状
 現在乳がん診療施設から生殖医療施設への標準的な紹介状について

   @年齢、婚姻、パートナーの個体情報
   A病理診断、腫瘍の内分泌感受性の有無など
   B術前化学療法、または術後補助治療、その開始時期についてのコメント
   Cレジメンと化学療法のサイクルなど
   D内分泌治療期間などの情報

 などの情報が必要となります。

 現在、紹介状レイアウトを作成しています。近日中にダウンロードできるように
 公開予定です。もうしばらくお待ちください。


日本産科婦人科学会 生殖補助医療(ART)登録施設
宮崎大学医学部附属病院
〒889-1601 宮崎市清武町大字木原5200
TEL:0985-85-1510
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/home/hospital/

社会医療法人同心会古賀総合病院
〒880-0041 宮崎県宮崎市池内町数太木1749-1
TEL:0985-39-8888
http://www.kgh.or.jp/

とえだウイメンズクリニック
〒880-0812 宮崎県宮崎市高千穂通2丁目5-5
TEL:0985-32-0511
http://www.toeda-wcl.jp/

医療法人社団政彬会野田医院
〒885-0051 宮崎県都城市蔵原町9-18
TEL:0986-24-8553
http://www.noda-clinic.jp/

医療法人社団豊徳会丸田病院
〒885-0075 宮崎県都城市八幡町4-2
TEL:0986-23-7060
http://www.maruta-hp.com/

医療法人仁徳会渡辺病院
〒883-0022 宮崎県日向市大字平岩718番地
TEL:0982-57-1011
http://www.watanabehospital.jp/

設立の経緯 沿革 運営組織 加盟病院