歯科口腔ケアネットワーク
歯科口腔ケアの必要性
抗癌剤治療や放射線治療などの副作用から、口内炎など様々な口腔内のトラブル(口腔合併症)が起こる事があります。 乳がんの治療で、抗癌剤治療を行う場合、副作用を最大限注視し、抗がん剤投与を途中で休止することなく、継続して行うことが非常に重要になります。近年では、治療の継続と患者の生活の質(QOL)を保つことが非常に重要視されるようになりました。

口腔合併症について
抗がん剤治療の種類や量によっては、口腔粘膜炎(口内炎)、ドライマウス、味覚障害、知覚過敏、感染症を発症することがあります。もっとも多い副作用には、口腔粘膜炎(口内炎)があげられます。抗がん剤治療や放射線治療後に、唇、頬、舌などの軟らかい粘膜に炎症が起こることがあります。痛み症状が強い場合には、食事ができなくなり、点滴を使って栄養を補給することもあります。さらに、痛み耐えれなく抗癌剤治療を中止(中断、延期)する場合があります。

乳がん治療前に歯科を受診し口腔ケアが必要な理由
口腔内粘膜の強い炎症により、強い痛みから食事がとれなくり、体力の低下や免疫力の低下を招きます。さらに、歯周病が悪化して歯が痛んだり、感染症(ヘルペス性口内炎やカンジダ性口内炎など)を発症することもあります。痛みなどでがん治療の継続が難しくなれば、患者さんにとって大切な癌治療の効果が低下してしまうことが問題です。乳がん治療に取り組む前に、口腔内を確認し、口腔内のトラブルを予防することは、がん治療の継続性が増し、さらには、QOLを支えるためにも大変重要です。


くわしくは、宮崎県歯科医師会のホームページを御覧ください。

https://www.miyazaki-da.or.jp/cancer


診療情報提供書について
以下に診療情報提供書のフォーマットを載せています。ご活用下さい。
ダウンロード




設立の経緯 沿革 運営組織 加盟病院